読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

どうでもいいけど言わせてくれ!

夜ごはんにペペロンチーノを食べた。 最近ダイエットのためパスタ断ちしていたので、久々のパスタ。 そんでもって大好きなニンニク! 泣くほどうまかった。 明日も明後日もこれでいける。 っていうかむしろ、ほんとは毎日パスタでもいいくらいパスタが大好き…

大好きな友へ

高校の友達と久しぶりに遊んできた。 もう10年以上の付き合い。 いつも声をかけてくれる子が一人いて、その子の号令で集まる。 有難い。 みんなもう家庭をもって小さな子供もいるので、最近1年に一回会えればいいほう。 タイミングを逃すと2年くらい会えない…

よしもとばなな「王国 その1アンドロメダ・ハイツ」

大好きな本です。 王国―その1 アンドロメダ・ハイツ― 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2002/08/22 メディア: 単行本 クリック: 29回 この商品を含むブログ (94件) を見る ばなな好きの間でもかなり人気なシリーズだと思います。 シリ…

原発のない世の中に住みたい

ameblo.jp 確実に、日本は「核をもっているぞ!」という脅しのために原発を続けたいんだろうね。だけど、もし戦争になった場合一番に狙われるのが原発だったとしたら、日本は絶対戦争なんてできないはずだけど、矛盾してない? 国民のことを考えてくれない人…

今日は生きるのにもってこいの日!

雨の日になんにもせず、一日中寝っ転がって本を読むのが至上の幸せで、 今日は丸一日かけてこの本を読破した。 ベア・ハート「母なる風の教え」 ブログのタイトルは、本の帯に書かれていた言葉です。 なんていい響き。 母なる風の教え 作者: ベアハート,モリ…

なんとなくスピリチュアル

≪ 最近さらに買った本メモ ≫ ・ 腸脳力(長沼敬憲) ・ マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている(THINKER) ・ 命は宇宙意志から生まれた(桜井邦朋) ・ 鏡リュウジ 星のワークブック(鏡リュウジ) ・ 石井ゆかりの星占い教室のノート(石井ゆかり…

森永さん、よく言った!

blogos.com 誰かのためっていうか、自分が気に入った記事を集めて読みやすくするためのブログ貼り付け。すんません

占いに興味のある方は

この記事、面白かったので貼っときます。 わたしは酒井さん、結構ファンです。 過激だけどね。彼女は占いの真理にたどりついた人だと思っているので。 あと、言葉は汚いしイキガッテいるけど、心はとてもあたたかい人だとわかる。 ameblo.jp ameblo.jp

心澄みきれ!!

なんとな~く劣等感にさいなまれて、気分が落ちている夜。 最近、思いっ切り泣いてないなー、と思った。 ストレス解消の方法について、世の中にはいろいろな方法が紹介されているけど。 わたしはとにかく思う存分泣くことですっきりするタイプ。 思う存分泣…

未知数のトランプ氏

こんな見方、考え方もあるのか! 自分の偏った、狭くて浅い考えだけでものごとを判断してはいけないね。 反省。 こちらの記事は、マリア先生がブログで紹介されてました。 「ヒプノセラピストマリア」癒しの小道 ameblo.jp こっちも頭のよさそうな方が書いて…

日本人であること、日本という国に生まれたこと。その意味を知りたくて

この一週間でBOOKOFFで買った本をメモ。 ・ 日本超古代遺跡の謎(鈴木旭) ・ 縄文人追跡(小林達雄) ・ 日本・日本語・日本人(大野晋、森本哲郎、鈴木孝夫) ・ やまと教(ひろさちや) ・ 神道〈徳〉に目覚める(葉室頼昭) ・ 月の癒し(ヨハンナ・パウ…

よしもとばなな「花のベッドでひるねして」

ばなな読みたい気分だなぁ~と思いながらなんとなく寄った図書館で、ずっと読みたかったこの本を見つけた。 花のベッドでひるねして 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 毎日新聞社 発売日: 2013/11/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を…

縁があったんだね~神保町古本まつり~

今日は、前から絶対古本まつりに行こうと決めていた。 大盛況で、すごい人。 おじさんが多いんだよね。圧倒的に男性なの。面白いね。 夕闇に浮かび上がる赤い提灯が幻想的で美しかった。 雑多に本が並べられた棚が道中を埋め尽くす夢のような空間。 本に囲ま…

きっと誰もがおなじ川のほとりを歩いている

さあ、ピンとくる方いるかしら? さだまさしさんの「道化師のソネット」の歌詞のワンフレーズですね。 なぜか夜になってこの歌が心に流れてきて、youtubeでしみじみ聞いていた。 父が亡くなった年に、わたしを励まし続けた一曲。 べつに、だれにもなんにも言…

愛しのレミ ♪♪

平野レミ 伝説の生放送 料理番組 フルバージョン 『平野レミさんは繊細です!「きょうの料理 キッチン・ド・レミ」』~きょうの料理 『初公開!平野レミさんの「きょうの料理」リハーサル』~きょうの料理 昨日まで3日間にわたって放送されたNHK「きょうの料…

誰の幸せのため??

仕事帰りに皇居の周りを少し歩いた。 高校、大学と、ずっとお堀のそばの学校に通い、今もまた皇居の近くにいる。 あれだけの大都会の中で、ぽっかりとタイムスリップしたように残された広大な空間。 皇居の中から大手町のビルを眺めていたら、今がいつで自分…

アーリオーンメッセージの感想

以前にこのブログで紹介したアーリオーンメッセージ。 感想はきちんと書いていなかったので、書いてみます。 アーリオーン・メッセージ―来たるべき地球大変動の真相 (「超知」ライブラリー) 作者: アートラインプロジェクト 出版社/メーカー: 徳間書店 発売…

さそり座の女?じゃなくて太陽?

占星術のプロの人の記事を見ると。 太陽がさそり座に入ると、人生の神秘に焦点が当たり、隠されていた秘密を探求したくなったり、世界の真実を明らかにしたくなったりする。 と書いてある。 jp.tarot.com ここ一週間くらいまさにそんな感じで過ごしていて、…

占いに見る~わたしってどんな人??

番外編を一丁。 今日は年の離れた大好きなお友達と一日中しゃべってました。 その方は姓名判断も、タロットもできます。 占星術は一緒にこの前習った。 まあぶっちゃけわたしも姓名判断&タロット習ったんだけど、全然勉強不足で人を見るとこまで到達してな…

廣田幸恵「マナ・スカラ・ニスカラ」

読んでみたくて、いつか読もうと思っていた本をようやくアマゾンで購入した。 読む前から、わたしは絶対この本が好き!という予感があった。 本当に素敵な本でした。大好き。 廣田幸恵さんは、「バリ舞踊」の踊り手さんです。 バリの伝統的な寺院で、重要な…

君の名は。見てきた

www.kiminona.com すんごい大ヒットしてますね。 わたしはこういうベタで中二病っぽいお話大好き~!! 何より前評判通り絵が本当に美しい。 音楽の使い方も独特で、飽きさせない工夫が随所にあって面白かった。 泣いてる人がけっこういてびっくりした。 こ…

飛騨・位山へ

突然位山へ行くことになった。 岐阜初上陸。しかも東京から日帰りの強行突破。 事の起こりはわたしの旧姓のほうの苗字にある。 全国的にはまあまあ珍しいが、茨城県ではメジャーな苗字で、 どの程度の珍しさかというと、だいたいの人がたぶんなんとなく聞い…

あの人がしてくれたみたいにわたしも。

昨日は飲食店のアルバイトの最終日でした。 今月からはいよいよマッサージの仕事が始まります。 研修で何回かもう通っているんだけど指がいたい。 がんばろ。いつか自分でサロンを開いて、施術後にゆるゆる占いしてお茶飲んで楽しく過ごすためだ! わたしは…

夜に香る金木犀

昨日の夜、洗濯物を干していたら闇の中に甘~い香りが漂ってきた。 うちは集合住宅の1階なので道路との境目に狭い庭がある。 そしてベランダの目の前ど真ん中に植わっているのが立派な金木犀の木なのです。 大好きな香り。 今日も夜、ちょっと出てみただけで…

出雲 充 「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」

タイトルからして決意と情熱に満ちたあっぱれな本。 タイトル通り、ミドリムシは地球を救う可能性を大いに秘めた生き物である。 しかし、これまで大量培養がほとんど不可能と言われるほどに困難だったミドリムシの大量培養を、情熱と使命感と執念そして行動…

スコーグスシュルコゴーデン

スウェーデンを旅したとき、日本の旅行会社の担当の人にここは見ておくべき!!と勧められて訪れた場所。 それが、スウェーデンの有名な建築家「エリック・グンナール・アスプルンド」という人の作った20世紀の傑作ランドスケープと言われる世界遺産。 「森…

ピーターラビット展に行ってきました。

www.bunkamura.co.jp 行きたい行きたい行きたい!と思っていたピーターラビット展に行ってきた。 雨だけど、がんばって渋谷まで。 Bunkamuraミュージアム、いつも心魅かれる展示をやっているんだけど、とにかく入場料が高いよぉ。1400円って。大金です!! …

暗い話ですみません・・・

どうしよう。 久々に死にたくなっちゃった。 仕事中にどんどん気持ちが落ちちゃって、やばい、精神崩壊しそう。ってくらい うつがひどい。 なんかもう、働くのが嫌だし、こんな自分で生きてるのが嫌だ。 最近はここまで落ちる前に何かしら対処できてた気がす…

はせくらみゆき 「こうすれば、夢はあっさりかないます!」

こうすれば、夢はあっさりかないます! 作者: はせくらみゆき 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2016/08/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 買ってしまったわ。 久々に正統派な自己啓発本を。しかも新刊で。 あんなに…

吉本ばなな「体は全部知っている」

台風に振り回される変な天気が続きますね~。 今日は、この一冊。 体は全部知っている (文春文庫) 作者: 吉本ばなな 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2002/12 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (97件) を見る 結構好きなの…

幻の銀水晶~わたしのお守り~

わたし、セーラームーン全盛期に子供時代を過ごしてたもんで、なかよしも読んでたし、まんがも全巻集めたし(売っちゃったけど)、初めて買ってもらったCDもセーラームーンのサウンドトラックだった。 なぜ突然そんなことを言い出したのかというと、明日が誕…

松屋銀座開催中「星野道夫の旅」

www.asahi.com なんとか行ってこられてホッとしている。 「星野道夫」さんの没後20年特別展。 とてもとてもよかった。 展示の仕方もすごくよくて、見ごたえがあった。 一番見たかった写真も大きなパネルで見ることができた。 “ クジラの骨の遺跡とベーリング…

台風が秋を連れてきた!

夕方まではもわぁ~んとした空気だったのに、夜になって急に涼やかな秋の風が吹いてきてびっくり。 わたしは春夏秋冬の中で「秋」が一番好き。 ホッとする。なんだか切ないのも好き。 果物もおいしいし、栗も好きだし。暖色系の色合いのオーナメントとかも好…

湯本香樹実「夏の庭」

さて、夏もそろそろ後半戦ですね。 今年はこの湿気が本当につらいです。 じっとり。むっしり。湿気がひどくて蒸し暑いと、なぜか胃の調子がよくなくて。 なんでだろ。 うちは結構切り詰めて生活しているボンビー家庭なので、大好きな果物をたま~にしか買わ…

台風の日には家で本

台風の一日、一歩も外に出ず家の中でごろごろ過ごす幸せ。 外に出る予定がない日に雨を見てるのは好き。 もう、最初から今日は読書の日。と決めて過ごす雨の日ってとても満ち足りた気持ちになれて好き。 この前また三省堂4階で買っちゃった本3冊。 カバラ―ユ…

不思議なくらい心が強くなるヒント

さて、この本を読んで、心は強くなるでしょうか。 不思議なくらい心が強くなるヒント ――「心の名医」が教える自分を元気づけるエッセンス 作者: ルイス・ターターリャ 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2015/01/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブロ…

よしもとばなな「なんくるない」

今週から夏休みの方も多いのではないでしょうか。 暑いですね。 海は大好きなんだけど、今年は海に行く予定がちっともなくて寂しいな。 この前伊勢で二見浦に行ったからそれを思い出して我慢しよう。 写真は西表島の「星の浜」みたいな名前のビーチだったと…

今週買った本たち

神保町の三省堂4階にある古本コーナーの品ぞろえがかなり私のハートを鷲掴みで、仕事帰りに2時間近く過ごしてしまった。 絶版になってるような本も結構ありそう。 読み終わってないけど、このブログの目的って個人的な読書メモみたいなもんだし、書いてお…

未来に投資する大きな心

Yahooニュースでこんな人のインタビューを見つけた。 ただただ、頭が下がる。 そして胸が熱くなる。 清貧なんて嘘だ。 清富のがいい。 使いきれない分は困った人に分けてあげる余裕があったほうがいい。 尊敬します。 bylines.news.yahoo.co.jp

梨木果歩「不思議な羅針盤」

不思議な羅針盤 (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/09/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 買ってしまった。 梨木果歩さん。 特別な作家さんだ。 好きすぎて痛いくらい好き。 短編のエッセイ集であるこの本…

備忘録的に・・・

珍しく一日家にいて引きこもりですごしたので、料理を真面目にやったら疲れちゃってあと2日は作らなくていい気持ち。 世の中のお母さんってほんとすごいな。 でっかいマッシュルームを100円で買ったので、それを使ったシチューと、新鮮なわっさり青ネギがた…

伊勢神宮に行ってきました

実は先週人生初の三重県、そして伊勢神宮に行ってきました。 もう旅切れで心がかなり息切れ状態だったので、行けて本当によかった。 6月はいろいろしんどかったので、7月に入ってリフレッシュできたことに感謝。 伊勢神宮に詳しい方に案内してもらったので、…

外れ者から見た世界~「精霊の守り人展」に寄せて~

精霊の守り人展に行ってきた。 行きたいな~、と思いながらなかなか日にちがとれず、行けずに終わっちゃいそう。と思っていたが今日がぽっかり一日空いてることに気づいてぎりぎりセーフで行ってこられた。 もう終わりの方だし平日だし、場所もけっこう辺鄙…

旅切れだ

なんだか全然気がのらなくて書けずにいたら、こんなに日にちが経ってしまっていたのですね。 仕事も忙しくてへろへろだし、マッサージも卒業するためには練習あるのみだし、卒業後の進路を考えつつ動いたりしてたら、もう5月も終わりだわ。 びっくり! 最近…

決めた!この道で行く!!

友達と真綾会の一日。 真綾会というのは、坂本真綾を大好きな友達で集まって、真綾について語る会です。 高校時代から続いてて、最近は数年空いたりしながらも不定期開催。 今日はわたしに真綾を教えてくれた恩人と二人きりで濃密な真綾会が開催された。 内…

山本健造「明らかにされた神武以前」

気持ちのいいお天気だ。 新緑から初夏へと移っていくこの時期の生き生きした輝く緑と、爽やかな陽気って大好き。亡くなった父は、この時期のケヤキの木が好きで、家族でよく自転車走らせてお散歩に行った。 さっき、いつも使ってるハンドソープが切れちゃっ…

昔かいた絵

もう8年近く前に遊びで描いた絵が見つかった。 最近何も書けない。 書けば泣き言ばかりになりそうで。 この絵はアメリカに留学中の友達の家に遊びに行かせてもらったときに、友達が学校に行ってる間暇すぎて描いてたような。 そのときも人生の中で最悪に近い…

とろろご飯と新玉スライスかつお節のせ

相変わらずどうでもいい落ち込みに振り回された数日でしたが、なんとか復活。 今日はね、年が20歳くらい上の大好きなお友達が うちに来てくれて、一緒にヘルシーランチした後、マッサージの練習させてもらった。 昨日は頭痛でさっさと寝ちゃったし、朝ものん…

加門七海「うわさの人物②」

4人目の方。 この人について語りたくて頑張って一人ひとり感想書いてきたのよ。 この人は修験道の僧侶としてかなり上の方の肩書をお持ちの方。 「金峯山修験本宗宗務総長」という仰々しい肩書を持つ正当な宗教者。 もちろんこの肩書は当時のもので、現在は…

加門七海「うわさの人物①」

うわさの人物―神霊と生きる人々 (集英社文庫) 作者: 加門七海 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2010/03 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (5件) を見る この本、すんげー面白かった。 こういう系の本で、久々に読み応えのある…