読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

応えられた祈り

疲れてるし早く寝ろよ、自分!って思うのに、

なんだか気になってしまう詩があって。

この詩の掲載されている本は私にとってかなり特別な大切な本なので、

いつかじっくり心を込めて感想書きたいな、って思った。

だけど詩だけ先のせちゃおう。

一足早いクリスマスプレゼントだ***

 

わたしは、どん詰まりな気分のとき、ふと目にしたこの詩で泣いてしまった。

 

届くべき人のところへ、この詩がちゃんと届きますように。

 

 *** 応えられた祈り ***

 

 

 大きなことをしようと、強さを求めたのに

 小さなものの気持ちがわかるように、弱さを与えられた

 

 より大きなことをなそうと、健康な体を求めたのに

 より善いことをするように、病弱を与えられた

 

 たのしく楽に暮らせるように、お金を求めたのに

 生き生きと賢く生きるように、節約の生活が与えられた

 

 世のすべての人に誉められようと、権力を求めたのに

 真実に気づき従うように、地に生きる道を与えられた

 

 人生を楽しめるように、あらゆるものを求めたのに

 あらゆるものを受け入れ幸せになるように、生きる場を与えられた

 

 自分が求めたものは何一つ手に入らなかったけれど、

 私自身気づかない心の叫びに耳を傾けていてくれた

 

 真実に背いていたにもかかわらず

 私の言葉にならない祈りは応えられていた

 

 この世界のすべての人の中で、

 私は最も豊かに祝福されている

 

ーーーー ニューヨーク大学リハビリテーション研究所の壁に掲げられているという

     作者不詳の詩、宮嶋望訳 ーーーー

 

               宮嶋望著「みんな、神様をつれてやってきた」より

 

 

この詩は著者があとがきの最後に紹介しているもの。

訳もご自身でされています。

 

自分には価値がないと思えて、

仕事も恋愛もうまくいかなくて、

生活も苦しくて、未来に希望が持てない。

こんなはずじゃなかったのにどうして??

周りはみんな自分にないものをもっていて、順調で幸せそうなのに

どうしてわたしはこうなんだろう。

 

死にたいような気持ちになることが、ほとんどの人にはあるはず。

まあ、ない人もいますね(笑)

 

だけど、うまくいかないことのすべてが、実は神様からの祝福なんだと言い切れる強さ。それがあったら向かうところ敵なしだね。そうできたら最高だね。

なれなくても目指していこう。

 

まぶしくて痛く感じることもあるけど、この詩は私にとっての宝だ。

そのうち、本の感想もじっくりね・・・。

 

最後の二行で泣いちゃうんだ。

ほんとうに心にまっすぐ刺さる詩だ。

 

    この世界のすべての人の中で、

             私は最も豊かに祝福されている