読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

ハゲ方の似てる人

f:id:natsuberry:20160216233451j:plain

朝一番で電車の座席に座れてラッキー!と思ったら、

次の駅で乗ってきた人がわたしの目の前に立った。

この男、稀に見る巨漢。(要するに超デブ)

思わず頭のてっぺんからつま先まで見てしまうレベルのでかさ。

座ってる私の目線の位置におなかがあるんだけど、出っ張ってるだけじゃなくてでっぱたっところからさらにたれてるよ。

 

もちろんそれだけならあたいだってこんなに感じ悪くねちねち言ったりしない。

 

さらに次の駅でわたしの隣の席が空いたのだが、明らかにどう考えてもキャパオーバーのそのスペースに、そやつがなんのためらいもなくどかっと座ったのですよ!( `ー´)ノ

 

座る前からわかってたけどさ、明らかにそのスペースには収まりきらないもんだから、

すごい圧でギュウギュウ押してくる!!「スミマセン」の一言もなし。

嫌なら自分が立てばいいのはわかっている。でも悔しいじゃん!!?

挙句の果てに、申し訳なさそうに縮こまるわけでもないそのデブは、揺れに合わせてこっちにもたれながら寝始めたではないか。お、重い。きつい・・・。

 

降りるまで20分ほどもやもやしながら押され続けて、去り際に振り返って心の中で

「デーブ!!!!」とシャウトしてやった!

 

あまりにイラッとしていたので、職場に着いてすぐに同い年のヘビースモーカー男子に

愚痴ったら「たばこ税をとるなら、デブ税もとるべきだ!!」と言ってくれて、う~ん、ぴんとこない返し(笑)と思いながら、ですよね~!と言ってみた。

 

そんなこんなな一日の始まりを乗り越えての今日の仕事中に、

お客さんでものすごく懐かしい禿げ方の人を発見してしまった!

てっぺんつるつる、とか、バーコードとかじゃなくて、

少しずつおでこが広がってく感じの禿げ方。

 

うわ、懐かしい!!

と思った。

父のおでこの感じにすごく似ていた。

二度見しちゃうほどに。

 

顔も体形も全然違うのに、おでことそこから後退し始めた髪の感じがハッとするほど

似ていて、思わず涙がじんわりにじみそうになった。

人のハゲ見て泣く日が来るとは思わなかった(笑)

どんなに会いたくても生きてる間はもう二度と会えない人がいるって、切ないもんだね。

 

この間、久々に人気ブロガーかさこさんのブログを読んだ。

その記事の内容は「何のためのブログなのかをはっきりさせろ!!ブログで何がしたいの??」というものだった。

 

わたし、何がしたくて始めたんだろうな。と考えた。

 

日記代わり?・・・なら公開する必要はない。

仕事につなげるため??・・・うーん、ちゃんとした技術を身に付けたらそれもあり。

 

でも一番はやっぱり、文章にすることで、

「自分が何を考えていて」「何が好きなのか」を客観的に把握して確認したい、ということ。そうすることで、自分に何ができるのかを見極めたい。

 

それともう一つ。

今まで読んできた自己啓発本含めたそのほかいろいろな本の紹介や感想が、

少しでも誰かの役に立てたり楽しんで読んでもらえたら単純にうれしい。

 

わたしの書く文章ってなんだか、雲をつかむようにふわふわと夢見がちで、

実際の行動なんて大して伴ってないのにやたらえらそうできれいごとが多いな、って

自分でよくわかってる。

昨日も国際貢献をされてる「栗山さやか」さんという方の特集をテレビで見て感動したのだけど、自分のちっぽけさが悲しくなった。

 

わたしの今できることなんて、せめて「電車でお年寄りに席を譲る」とか

「道のごみを拾う」とか「接客した人に最大限感じよくする」とか

「買い物をしたお店の人におつりをもらうときありがとうと声をかける」とか。

せいぜいそんなことでしかない。

恥ずかしいほど小さい。

もっと役に立つ人間になりたいのにちっぽけだな、と思う。

でもできることからコツコツと、だ。

 

おとめ座のせいか完璧主義で潔癖症な面があるから、

0か100か、みたいな極端な気持ちになりがちな性格傾向のわたしなので、

この「コツコツ」ってのが結構課題だったりする。

 

なんだかまとまりのない更新になってしまいました。

まとまらないついでに、昨日発見した快眠法を披露したい。

わたしの人生でもっとも好きなアニメの一つ、“まんが日本昔ばなし”を

昨日夜寝る前にyoutubeで見てたのですが、これ見ながらだと不思議なくらい

眠くなってよく眠れるよ!!市原悦子さん大好きすぎる。

むかし話の定番ソングたちを聞くと心の底から安心できて、知らず知らずのうちに、どんぶらこ~どんぶらこ~と眠りの世界へと誘われてしまいます。

 

関係ないけど、昔吹奏楽でフルート吹いてた時、自由時間にあの有名なテーマ曲

「てぃらりー、らららら、ららららら♪」を一人で演奏するのが好きだった(笑)

今日も今からもちろん見ます!

はぁ楽しみ☆