読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

愛しのレミ ♪♪


平野レミ 伝説の生放送 料理番組 フルバージョン


『平野レミさんは繊細です!「きょうの料理 キッチン・ド・レミ」』~きょうの料理


『初公開!平野レミさんの「きょうの料理」リハーサル』~きょうの料理

 

昨日まで3日間にわたって放送されたNHKきょうの料理」の平野レミ特集。

楽しみが終わって今日からわたしは何を生きがいに生きていけばいいのか(笑)

 

平野レミさんが大好きなんです。

心の底から尊敬する人。

生まれ変わったらレミになりたい。

あんなに純粋で優しくて嘘のない人はいない。

人に対して悪意ってものを感じたことがなさそうなくらい、美しい心の持ち主。

そしてあの雑でがさつな料理っぷりに、どれだけ気持ちを軽くさせてもらえることか。

きっと「あ、こんなテキトーでいいんだ(笑)」って思う人は一人や二人じゃないはず。

 

わたしは過去にアサイチでまるごとブロッコリーの料理を倒した時にもたまったま見てたんだけど、倒れたブロッコリーを一度直して、カメラがズームアップした直後にまた倒れて、おなかがよじれるくらい笑った!最高!!

 

 

今回も仲良しの後藤アナとのかけあいがほんと秀逸だった。

料理番組なのに後藤さんに根ほり葉ほり質問して、料理の展開をアナウンスしなきゃいけない後藤アナは応えながらもちょっと気が気じゃない感じとか(笑)

 

レミがいちいち「あ、NHKはこんなことしたら怒られるんだった!クレームの電話がきちゃうのよ!」と言って、後藤アナが、「そうなんですか~、知らなかったなぁ」とすっとぼけるくだりとかまじで最高。はあ。私の中ではレミがきょうの料理に出演する回は今最強の癒し番組。たまたまだけど初日に気づいてほんとうによかった。

神さま、ありがとう。

 

あ。もちろん、料理も全部おいしそうでしたよ。

あの包丁で切った野菜を鍋や袋にぶち込むときの雑さ・・・エビや肉をボールの裏でぶったたくときには、遠くまでエビが反動で飛んでいく(笑)

 

今回、3日目の放送の最中に豚肉を「ぶった」たいている間の二人のフリートーク。

わたしはじ~ん、ときてやっぱレミさんほんとうに素敵だな、と思った言葉があった。

後藤アナが、「人間もやっぱりたまにはこう抑えられる時期があって成長しますからね」と話をふられたレミさん。そこで、ふつうの人だったらいくらでも適当に「そうですね~」って返したと思うのね。

だけど、レミさんは「でもさ~。圧されてへなってつぶれちゃう人もいるじゃない。そういう人は一回つぶれちゃったら立ち上がれないかもしれないから、人によるよね。難しいわよね」ってな風に真剣に答えていた。わたし、泣きそうになっちゃった。

なんて、心の深くて優しい人なんだろう。って。

ただ天然、天真爛漫で、自分を喚き散らしてる人じゃないんだよ、レミさんは。

いつも、「自分が好きだから」「自分がやりたいから」「人が喜んでくれるのがうれしいから」そんな動機で100%動いて生きられる人が、今の日本にどれくらいいるのかな。うろ覚えだけど、昔レミさんの本の帯に書かれていた推薦文に、レミのことを「彼女は神様がこの世に遣わした天使だ」とあった。ほんとに、そのとおりだと思うよ。

 

はあ。レミ愛が止まらないわ(笑)

いくらでもしゃべれるよ。

もし興味を持たれた方がいたら、「レミ 名言」で調べてみてくださいね(笑)

最近小難しい記事ばっか更新してたから、今日は久々に単純明快に好きな人のことを書いてみました。レミさん、いつも元気と笑顔をありがとう!!