深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

未来からの光の道

f:id:natsuberry:20190321153454j:image

 

アランの幸福論を読んだのはたぶんもう15年くらい前。

実家に置いてある岩波文庫から出版された本は、黄色のマーカーや、色鉛筆で線がいっぱい引いてある。

パラパラと読み返して、今になって、腹の底からわかる言葉がてんこもり。

すごい名著だ、やっぱり。

 

一番好きな文言は、なぜかこれ。

 

「人間には勇気がある。

たまたまそうだというのではなく、本質においてそうだ。」

 

勇気が必要になったとき、胸の奥の図書館へ、この言葉を取り出しに行く。

「たまたま」ではなく、「本質的に」「ある」のだ!と言われると、力がわく。

そうか。あるんだ。と思える。

 

この本でわたしは、「自分でやる」ことの大切さを教わった。

上機嫌でいるのも、幸せでいるのも、自分でやることだった。誰かにしてもらうことじゃない。

 

自分でやるものなんだ。

「意志」の力を使って。

真実はときに、受け止められないほどに厳しいと感じる。初めて読んだとき、ネガティブすぎてとても受け止められず、本の内容がとても苦しかった。

そんなこと言われてもできないよ。

って思ってた。

だけど、いまのわたしは、あの頃よりはできている。もがいてよかったよ(笑)

まだ、もがくよ。生きてるかぎりは。

 

 

 

わたしたち人間に与えられた自由意志。

どんな高級料理でも、食べたくもないときに人から無理やり口をこじ開けられて食べさせられたら、ふつう吐き出すし、嫌な感じがする。

 

食べたくて、食べる。

その、自由意志こそが、人を幸せにする🍀

と、アランは繰り返し、優れた格調高い文の中で教えてくれる。

 

幸福論 (岩波文庫)

幸福論 (岩波文庫)

 

 

もうひとつ。

山元加津子さんが本の中で紹介されている、大ちゃんの詩から。

 

たんぽぽの仲間たち

たんぽぽの仲間たち

 

*****************

 

遠い道でもな

大丈夫や

 

一歩ずつや

 

とちゅうに

花もさいているし

とりもなくし

わらびかてとれるやろ

 

 

*****************

 

僕が生まれたのには

理由がある

生まれるってことには

みんな理由があるんや

 

 

********************

 

恐いなら

そばにいたる

 

寒いなら

そばにいたる

 

いてほしいなら

そばにいたる

 

              …………‥‥大ちゃんの詩、おしまい

 

 

わたしも、こんなふうに、

やさしくてあたたかで、

嘘のない、

強い人間になりたい。

 

みんなが、本来の自分でいられて、

その上で、自分の得意なことをそれぞれに

他人を喜ばせる形で発揮できる社会がくるといい。

 

神様が、わたしたちのそれぞれに、これだけ能力や個性の差を与えて生まれさせたのには、それぞれが補い合って、協力しあって、尊敬し合って生きる世の中をつくるための、トレーニングなんじゃないか。

 

って、最近とりとめもなく考えたりする。

 

今日は春分の日

ある人に、なりたい未来の自分を宣言しておくといいよ。

と言われました。

 

だから、せっかくなので、宣言しておきます。

 

わたしは、嘘のない素直な心で、

愛をもって

楽しく自由に軽やかに生きていく!

 

わたしの幸せは、

心と体が健康で、

愉快な仲間がいて、

やりがいのある仕事があって、

自由にやりたいことがてきること。

 

喜びの共有。

自分以外の誰かと、あたたかくつながっていけること。

 

最近、大好きなブロガーの人が動画で言っていた。

 

未来はいくつも用意されていて。

今の自分がなりたい未来を選んで初めて、

未来の自分が、未来から今の自分を導いて引き寄せてくれるのだと。

 

未来の自分から渡された光の道。

それにのるのは、今の自分の決断次第。

わたしは、そこへ行く。

という意志、そして決断。

 

難しいけど、半信半疑でもやる価値はある。

 

わたしは、やってみることにした。

いいイメージって、難しいけど、練習してみる。どうせ人生って練習の場だし。

今からいい感じの未来、妄想してみようと思います。

 

 

春、芝公園にて(その2)


f:id:natsuberry:20190320184100j:image

ミモザは大好きな花!

オシャレなんだよ、なんか。

花粉症とか、もう関係ない!

腐海の中で、マスクを脱ぎ捨てる覚悟でスーハースーハー(笑)

 


f:id:natsuberry:20190320184247j:image


f:id:natsuberry:20190320184308j:image

夕陽に照らされて、胸に染みる一枚。


f:id:natsuberry:20190320184344j:image

しつこくミモザ攻撃。

この赤い新芽がまたオシャレなのよ。


f:id:natsuberry:20190320184419j:image

 

金色の草むら。


f:id:natsuberry:20190320184442j:image

 

こちらは主のような大木。

ご挨拶をば!


f:id:natsuberry:20190320184517j:image

 


f:id:natsuberry:20190320184530j:image

 

見てみて~、葉っぱのお手紙みたい。

かわいいね。



f:id:natsuberry:20190320185403j:image


f:id:natsuberry:20190320184619j:image

むん!

とそびえ立つ、威風堂々っぷり!

 


f:id:natsuberry:20190320184717j:image

 

帰ってきて、ごみ捨ての途中の道。

春の月。

青みを帯びた夜空に、かすみがかったたまご色の月。

美しいなぁ。


f:id:natsuberry:20190320184925j:image

 

春って、ほんとう

にきれい。

 

春、芝公園にて(その1)

お散歩をめっきり怠っていたので、仕事帰りにお散歩してきたよー。

 

芝公園でもうひとつ仕事を始めたので、好きな公園がまた増えてうれしい。

いっきに桜が咲きました!

後ろに見えるのは東京タワー。


f:id:natsuberry:20190320183920j:image

 


新芽よ、かわいいぞ。
f:id:natsuberry:20190320171549j:image

なんてきれいな色!
f:id:natsuberry:20190320171636j:image

椿はもうおしまい。

しっとりと艶やかな花びら。

白椿は大好きな花。
f:id:natsuberry:20190320171537j:image

 

ぐっはー!

野の花コーナー発見!

萌える、萌えるわ(о´∀`о)

ムスカリカラスノエンドウ、ペンペン草


f:id:natsuberry:20190320171448j:image

 

友達になった木。

虹が降りてきてうれしい😃💕
f:id:natsuberry:20190320171427j:image


f:id:natsuberry:20190320171508j:image

かわゆい♥️


f:id:natsuberry:20190320171527j:image

 

鷺草。


f:id:natsuberry:20190320171720j:image

名前わからないや。

咲きこぼれてて、かわいい。


f:id:natsuberry:20190320183817j:image


つづく。

 

生きて、死ぬまでにしたいこと

f:id:natsuberry:20190318002544j:image

 

書きたいことがいろいろあるけど、なんだか書くのが追いつかない。

 

二週間くらい前から、胸の横というか、脇の下あたりが痛くて、うーん。

これってヤバいやつなのか?

それとも、デブのくせしてブラのワイヤーに骨が当たってるのか?とかいろいろ思ってた。

 

なんか、内部っていうか外部のひりひりした痛さ。先週がひどかったけど、だんだん落ち着いてきた。

自分では調べてて、ピルの副作用なんじゃないか?と思い、かかりつけの病院へ行ったけど、5年くらい見てもらっていた担当の先生が退職されてしまい、新しい先生はとーっても冷たい感じのブスッとした先生。

 

乳がん検診受けてください。

って言われて終わりだった。

 

家の近くにたまたま評判のいい病院があるから、今週予約の電話してみようと思う。

 

それで、もしガンだったとしたら、あと1年で何したいだろう。

って、うっすら考えた。

まあ、がんな気はまったくしないんだけど。

そんで、まだ死ぬ気もしない。

 

でももし、あと1年の命だったら、

物とか、  もうまったくいらないな。

だって、死んだら全部ゴミだもんね。

これから買い物の基準はゴミにならなさそうなもの、かさばらない、燃やせるもの。

を念頭に置こうかな。

 

でも貯金は使いきりたい。

0円まで!

 

わたしはやっぱりさ、行きたかったところに行って、自然の中で、きれいなものが見たい。

 

それで、大好きな気のおけない仲間に会って、美味しいもの食べて笑えたら、もうそれで十分かも。

 

最後に本当にしたいことって、案外シンプルなのかもしれない。

 

かもめ食堂でも、サチエさんがそう言ってたし、真綾さんも言ってたなぁ。

地球最後の日は、仲間とおいしいもの食べてしゃべって笑いたい。って!

 

あと、誰かにそばにいてほしい。

死んでいく心細さを感じているときに、手を握っていてほしい。

ぬくもりを、感じていたい。

 

わたし、だからきっと今この仕事してるんだろうな。と思う。

 

なにもできなくても、言葉がなくてもいい。

本当に弱ってるときって、そばにいてくれる気配とぬくもりだけでいい。

そこに、思いやりと愛があればいい。

 

父の亡くなるときは本当に悲惨なスパゲッティー状態で、あれよあれよというまにそうなってしまって。

母は今でもその事を悔やんでいる。

わたしも。

もっと安らかな最期を選べたんじゃないか?って。

 

 

でも、手を握り続けたから。

最期ひとりにしなかったから。

父は幸せだった。

そう、思う。

大人になったんだね、わたし(笑)

 

自分の体は自分が大事にしないといけないよ。と、お客さんにも言っているので、わたしもめんどくさいけど病院行って来ないとな。

 

とりあえず今週もずっと仕事なので、隙を見て予約の電話をかけようと思います。

 

 

原発について考える


平井憲夫氏の貴重な講演「隠されていた危険~ここが危ない日本の原発~」完全版(すべて文字起こし) - みんな楽しくHappy♡がいい♪

 

普段生活していると忘れてしまうので、定期的に思い出しては読むようにしている平井憲夫さんの言葉。

 

講演の文字おこしをされている方のブログを見つけたので、貼りつけさせてもらいます。

もしかしたら前にも同じの貼りつけたかもしれないけど。もう一度。

 

去年消されていた平井さんのサイトも復活していました。よかったらこっちも読んでみてください。

 

http://iam-k.com/HIRAI/index.html

 

 

3月11日前後は、原発についていつも考える。

原発さえなければ、どんな天災にあっても人間は日常を時間をかけて取り戻せる。

だけど、原発があると話はまるで変わる。

取り戻せない。

永遠に。

最近、まわりで続けて甲状腺の病気を発症した女性の話を聞きます。

因果関係はたぶん、証明されないし、調査されていたとしても明らかにはされない。

国は何があろうと決して認めないだろう。

日本は、放射性物質を封じ込める対策ではなく、拡散させて、何もかもわからなくさせる対策をとっている。という話を聞いたことがある。よく自分で調べていないので、真偽のほどは定かではないが。

みんなが食べまくれば、もはや何が原因だかなど特定できなくなるのは確かだ。

 

 

原発に賛成とか反対とか語る前に。

そのすべての前提条件として目を背けずに真実を見つめようとすることが大切だと思う。

感情論でなく、事実として起こってきたこと。現在進行形で起こり続けていること。

 

東海村の臨海事故について20年ほど前にNHKで放送された特集を、数年前、たまたま動画で見たことがある。それを先日探してまた見てみた。怖くて怖くて放心状態になる。

本もいずれちゃんと読みたい。

 

事故から今年で20年。

 

東海村の事故から12年後に起こった福島第一原発の事故を経ても、近年これだけ「想定外の」災害が頻発する現状があっても。

変わらずに動き続けるイカれたシステム。

東日本大震災の後も、原発を海外に輸出しようとしている政府。

汚染水の処理もできないのに。

アンダーコントロールと言える口。

 

でもこの番組を

見ずしてなにかを語るのは全部嘘だ。

死ぬほど怖い。

人間の死に方ではない。

だけど、これが現実で起こったこと。

わたしたちは、知らないといけないと思う。

 

世の中に、「絶対に安全だ」と言えるものなどひとつもないとわたしは思う。

 

朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

 

 

 

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm31313466

 

 

 

 

 

54歳

f:id:natsuberry:20190311084244j:image

 

54歳の友人が2人いる。

一人は占い仲間。

一人はセラピスト仲間。

 

大好きな先輩であり、先生のようでもあり、親のようでもあるけど、やっぱり根本のところで「友人」とか「同志」としか言えないような不思議な関係だ。

 

この前、人生ではじめてお茶会に参加してみたんだけど、そこで小さな気づきがあった。

主催者の方は男性。

面白かったけど、正直あまり気づきはなかった。

 

わたし、今まで様々な勉強をしてきて、お金も時間も労力も使ってきた。

だいたい、先生は女性が多かった。

わたしが彼女たちからもらったもので、一番大きなものは、その料金とは別のところにあった、「母性」であり「愛」だったんだな。

 

それを、時間が経って今知った気がする。

わたしに教えてくださった方たち。

根本的なところに愛があった。

わたしはその愛と、母性に癒されたんだ。

 

わたしも愛のある人になろう。

今通っている鉱物の先生は56歳。

愛の溢れる素敵な女性。

 

会わせられてるな、と思うのだ。

20年後の自分がなりたいと思う人たちに。

今、34歳のわたし。

 

とてもとても、愛ある彼女たちにかなわない、守られているわたし。

20年後。

反対側に行けるように、いま勉強させられている。

 

お金を払えば誰でも講座ができる認定制度とか。無料の遠隔ヒーリングとか。

わたしは好きじゃない。

 

その人の人生の中での経験。

痛い思いして、苦しんで、乗り越えて。

それでも愛をもって生きようとする姿勢。

そこから出てくる言葉の深さは、お金では買えない。決して。

 

技術は、お金も時間も労力も使い、さらに年数を経て身に付けるものだと思う。

 

2日間、6時間ずつ習って人にえらそうに教えるもんじゃない。

わたしは、そういう人を信用しない。

 

自分に愛をもって。

身近な人に愛をもって。

亡くなった人、亡くして苦しんでいる人に心を寄せて。

自分の人生を生きようと思った朝でした。

夢見心地なショートケーキ

f:id:natsuberry:20190307230511j:image
今日食べた幻のショートケーキ🍰

あまり買えない山奥にあるみたい。


f:id:natsuberry:20190307231128j:image

おいしすぎた。

スポンジ薄めの生クリーム多め。

バニラのような香りが鼻に抜けて、

上品なさっぱりしたやさしい甘さ。

イチゴ🍓でか!!

夢見心地な味がした。

ホールで食べたい。

 

昨日どうしても食べたくて作ったグラタンの残りを夕飯に食べる。


f:id:natsuberry:20190307230730j:image

イカロリーな一日。

 

食べるのがほんと幸せ(*´∀`*)

食べれなくなったら安楽死したい。

誰にも負けない食い意地。

自分では繊細なネガティブで生きづらいと思ってるのに、なぜか周りに「生命力強め」って言われるのが納得いかないんですけど?(笑)