深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

バラの季節


f:id:natsuberry:20180518070533j:image

 

バラがキレイな季節。

思わず立ち止まって、うっとりして、写真をとっている。

 

特にオチはないけど、バラの写真がたまったので、記録用にアップします。


f:id:natsuberry:20180518070448j:image
f:id:natsuberry:20180518070458j:image
]


f:id:natsuberry:20180518070512j:image


f:id:natsuberry:20180518070622j:image


f:id:natsuberry:20180518070630j:image


f:id:natsuberry:20180518070723j:image

 
f:id:natsuberry:20180518070803j:image


f:id:natsuberry:20180518070823j:image


f:id:natsuberry:20180518070843j:image

カイヤナイトの青い夜


f:id:natsuberry:20180515070014j:image

 

昨日はかなりひさしぶりにヒプノをかけていただいた。

 

扉を開けると、青い布で閉ざされている。

その布をフーッとめくると、透き通った青い夜だった。人間じゃないみたい。

精霊?

ただただ静かで穏やかな夜。

 

ファンタジーっぽいような、ネパールっぽいような、不思議に明るい夜の山々を、飛びながら見ていた。

 

高度がかなりある景色。

トロールをしているらしい。

 

相変わらずあやふやな世界観で確信が持てない。精霊を生み出しているのは山の源にある意識体だというので、その源の意識に行ってもらった。

 

その場所がたまげた。

わたしがいるのは、一面水晶の部屋っぽいのだが、水晶の壁?のまわりは燃え盛る炎に包まれていて、それが、ユラユラ揺らいでいるのが見えた。

 

うーん、妄想?(゜-゜)

でも想像すらしてなかった光景だ。

石英と、マグマ。

地球の核だと思った。

地殻は水晶。

その下はマグマ。

その下にさらに水晶?

 

その場所の静かな意識が忘れがたい。

静かで美しく、調和が取れて、少し悲しい。

人や何かを裁くという意識の微塵もない世界。

 

人間は地球の一部。

繰り返し伝わってくるのはそのこと。

 

気づいた人から動け!の合図。

どうやら、その使命の証がカイヤナイトだということらしい。

 

自分だけで独り占めして深めていくのではなく、シェアしていけ。ということみたい。

 

よくわからなくなってきたよ、書いてても。

信じるか信じないかはアナタ次第(笑)

 

ちなみにこのカイヤナイトを見た甥っ子は開口一番「サンマ?」って言ってました。

 

気づいた人から行動して広げる。

嘘をつかない。

差別をしない。

地球の、一部である人間という自覚。

環境を汚さない。

自分のことしか考えない行動はよくない。

 

国も地域もなく、地球の調和という全体の目的のための意識。

 

怪しさ全開ですが、独り占めせず書けと言われてるようなので、書きとめておきます。

 

星野道夫「極北に生きる人々」

 

極北に生きる人びと―アラスカの詩

極北に生きる人びと―アラスカの詩

 

 数週間前に読んだこの本。

何より写真がいい。

 

本編に収録されているお話は全て読んだことのあるものだったが、写真が伴うとまた良さが何倍にも何十倍にもなると実感する。

 

カリブーの群れ。

青々として滔々と流れるシーンジャック川。

人々の飾らない笑顔。

人と人とのあたたかな関わり。

 

日常の雑事にまみれて、魂がスカスカになってきたとき。 

いつも星野さんの文章と写真を、彼の生きる姿勢を思い出す。

心の奥底にある彼の言葉に思いを馳せるとき、いつもそこは決して枯れることのない森の奥深くの澄んだ泉のように、わたしの魂を潤してくれる。

 

自分の信じるもの、美しいと思うものにアクセスする癖をつけようと思う。

残酷な殺人や、悲しい自殺のニュースだけが決して全てではないのだから。

自分に余力を残す

f:id:natsuberry:20180508223605j:plain

GW中アホのように働きすぎて、抜け殻になっていた昨日と今日。

11時間死ぬほど忙しい洗い場をほぼぶっ通しで働いたりしてて、手がグローブのようにパンパンになってしまった。腰もギリギセーフでなんとか持った。

 

派遣のバイトって初めてしたけど、要するにきつくて誰も続かないような仕事を派遣に頼んでる側面が多々あることを発見。

あたいがアホだった。

 

だけど真面目に働いてたら、4日しかいないのになんとなくキッチンのみんなと連帯感が生まれて、最後、「本当に助かりました」「GW中の救世主でした」と、年下の社員の子にまで言ってもらえてうれしかった。

 

私の中で、繁盛店のキッチンの洗い場とか、トイレ掃除の仕事とか、ある意味社会の中ではかなり下の方に位置する職種だと感じている。

そこで働く人をさげすんでるとかじゃなく、ただ、自分もその立場に身を置いたことがあるからこそ、きつくて誰もやりたがらない仕事だとわかる。

だけど、そこに身を置いて初めて見える世界もある。

 

同じ作業をしてても雑な人、丁寧な人、人に対する接し方、お願いの仕方、気の遣い方、仕事のできる人とできない人の違い。容易に軽んじられるような立場にいるからこそ、そんな下々の立場にいる自分に対する人の人格や本性がこれほど如実に表れる仕事もないよな~、と思った。

久々飲食店のスピード感に触れて、まじ無理!!って思った(笑)

しんどすぎる。削られすぎる。

ここでやってた自分すごい、って思った。

 

だけど、やりすぎはやっぱよくないね。

自分をあまりに疲れさせ過ぎた。と反省。

最近スカスカになるまで自分を消耗させるようなことばかりしていて、さすがに反省している。

 

やっぱ、自分に余力は残しとかなきゃだめだ。

通勤の電車の中で、これから「12時間ぶっ通しで死ぬほど忙しく働かなきゃ」と思うと、明らかに遊びに行く子供連れの家族に席を代われない自分がいた。

2,3歳の男の子とお母さんと、ベビーカー持ったお父さん。

「ごめん、いつもだったら代われる!だけど今日は勘弁して!」って思ってたら、隣に座ってたおばあさんが代わっていた。

まあ、おばあさんも家族連れもわたしより全然早く3駅くらい乗って降りてったけどさ。

 

自分に余裕があるからこそ、人は人に優しくなれる。

だから、なんでもかんでも頼まれたことを引き受けてたらだめなんだな~。

相手のためを思ってやってあげすぎて、自分がへとへとになるようではまだ修行が足りないのだ。

 

自分をもっと大事にしなくちゃ。

無理しすぎない。

自分を疲れさせない。

それが世のため人のためだと学んだGWの雑感でした。

 

答え合わせは死んでから



f:id:natsuberry:20180505173959j:image


GW中唯一楽しい予定が入っていた今日。

小さな美術館のテラス席で、おしゃべりと緑と風を堪能してきた。

最近いちばんしたかったことかも。

風も光も緑もキレイで癒やされた。

 

おしゃべりの相手の年上の友人は、ナチュラルに名言を発する人で、今日も何度もメモメモ!な場面があった。

 

わたしたち、見えないものを扱う不思議な世界で出会った仲間だけど、地に足のつかない怪しいキラキラスピリチュアルが大嫌いで、よくその話をする。

目に見えなくても、確かにあるものは世の中にたくさんある。空気も、電波もそう。技術もそう。

オーラや気もそうだ。

 

だけど、その期待感を逆手に取ってお金儲けするやり方はどうよ?と熱く語らった。

 

わたしは、幽霊もオーラも前世も一切見えない。だけど、見えない世界はあると思って生きている。

 

いろいろなやりたいこと、今後やろうと思って、失敗が怖くて自信がなくて踏み出せないでいるわたしに、彼女がよく言ってくれる。

やってみてどうかなんて、やらないとわからないし、死ぬときに後悔しないようにしな!と。

 

答え合わせは死んでから。

 

今すぐに、結果なんて見えない。

自分が合ってたか、間違ってたかなんてわからない。

答え合わせは死んでから。

 

いい言葉だな。

がんばろうっと!



 
f:id:natsuberry:20180505174022j:image


f:id:natsuberry:20180505174049j:image


f:id:natsuberry:20180505174058j:image


f:id:natsuberry:20180505174119j:image

 

 

光る朝!

おはようございまーす! 

今日の光と空気の透明度はすごい!

滞っていたいろいろなものが、抜けていくようだ。こんなふうに、からっとしてキレイな朝に出会うと、仕事を朝からに変えて本当によかったと思う。こんなにきれいな気持ちの良い朝を味わわずに寝てるなんてもったいないもんね!

 

先週から毎日ずっとノンストップで出かけたり仕事したりしてて、本を読む余裕がない。

気持ちが活動モードに入っているらしく、細かい活字を目が追えない。

 

明後日からは大型連休の方も多いでしょうね。

わたしはピンチヒッターで土曜日も仕事になったので、今年のGWはずーっと働いてます。

 

お天気いいみたいだから、みなさま楽しいお休みを☆


f:id:natsuberry:20180426070258j:image

ここから先は未来を

今日も自分メモ。


f:id:natsuberry:20180423224101j:image

すずらんがかわいくてもだえる。

くもり空の月曜日。

 

今日は、今年のGWがひますぎるので派遣バイトの登録に行ってきた。

その帰りに赤羽のカフェで開催されていたカイヤナイトという青い石の展示販売をのぞきに。

アットホームな雰囲気で、オーナーさんもカイヤナイトの販売主の方もとっても素敵な方たちだった。早速また伺う約束をしました。

わくわく。


f:id:natsuberry:20180423224137j:image

 

土日はマニアックな水晶の勉強会に行っていたので、ここんとこ石が熱すぎて止まらない。水晶って、ほんとにすごい。

怪しいスピな目線ではなく、科学や産業、物理的な側面からきちんと学べてとてもためになりました。いずれマッサージのメニューに入れたいな。と思っている。

 

土日で学ぶことへのわくわくが最高潮に達し、楽しー!!って興奮しながら水晶のこと勉強してて思ったんだけど。

わたし、ここから先はもっともっと、未来のこと真剣に考えようと思った。

 

自分の生きたい人生を、やりたいことをはっきりと意識してやっていこうと思った。

 

わたしにとって人生の分かれ目は明確に区切られてて、父が死ぬ前の人生。父が死んでからの人生。結婚してからの人生。

この前亡くなって丸10年が終わって、11年目の春。

 

この10年は、なんだかんだで後ろを向いたり、過去の傷を癒やしたり、今を生きることでひたすらアップアップしてた苦しい日々。必死すぎて、明るい未来、とか描けなかった。

自分も人生も嫌いだったし、生きてるのがつらかったから。もちろん楽しいこともあったし、幸せなこともあったけど、なんとか生きていかなくちゃ!と思って、目の前の課題をこなすだけで精一杯。ただやみくもにジタバタしてきた10年だった気がする。

 

でもここから先の未来は、自分をもっと好きになって、明るい未来を、なりたい未来を思い描いて、生きていけそうな気がするし、そんなふうに少しずつ生き方を変えていきたいと思ってる。

人に頼ってなんとかしたい!誰か助けて!を卒業して、自分を信じて生きられるように。

 

この3日で、お手本にしたいと思える素敵な年上の女性に二人も会えてびっくりしている。意図が現実をつくる。

それは嘘じゃないのかも?

どういう現実を望むのか。

自分はどういう態度で生きるのか。

明確に示せるよう、しばらく自問自答の日々は続きそうだ。


f:id:natsuberry:20180423224112j:image


f:id:natsuberry:20180423224121j:image