深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

(その3)全体の流れとして見ると・・・

www.youtube.com

この動画を今日見て、悲しくなった。

でも、どんなにしんどくても、見たくないものでも、真実と向き合うことが未来をよくすると信じている。

 

 

ちょっとまとまった時間が全然とれそうもないので、きちんとまとめながら書こうと思ったけど、まとまらないまま書き散らかすことにします。

 

まずは全体の流れ。

 

世界には、支配する側と、支配される側がいます。

 

支配される側は、もちろんわたしたちのような一般市民。労働者階級。

支配する側は、王族や貴族。そして、国際銀行家と言われる人々。

多国籍大企業のトップなど。

実際に支配するために裏で動いている人たちのキーワードは

ロスチャイルド家」「ロックフェラー家」「CIA」「ペンタゴン

 

彼らは、奴隷であるわたしたちを「所有」するだけで、働かなくて一生豊かな暮らしができます。

彼らにとってわたしたちは「人間」ではなく「家畜」にすぎないので、どんだけ苦しんで死んでもOK。

むしろ、世界の人口を減らしたくてたまらないので、死ねば死ぬほどもうけもん。

 

「NEW WORLD ORDER」って言葉を御存知ですか?

これは、「陰謀論用語」ではなく、「国際政治用語」です。

はじめに公で語ったのはパパ・ブッシュ大統領と言われています。

一部のエリートがその他すべての人民を支配する世界。

そのほうがバカなおまえらも幸せだろ?って世界。

最終的には人間ひとりひとりにチップが埋め込まれて、管理されるようになったら、彼らの計画はいっちょ上がりです。

 

バカな?!って思うでしょ。

でもたぶん、はじめは認知症の高齢者や犯罪者からはじめて、徐々に子どもから女性、大人全員とすすめられるのでは。と言われている。

信じても信じなくてもOK。

新世界秩序 - Wikipedia

 

 

日本に外国の手が入るようになったのは明治から。

明治維新を成し遂げた英雄たちの裏では、「ロスチャイルド家」がお金を出している。

 

そして、本格的に支配され始めたのは戦後から。

GHQの総司令官であるマッカーサーフリーメイソンである。

日本のフリーメイソンリー - Wikiwand

 

戦後の日本人は、日本人としての誇りを失い、罪の意識を植え込まれるための徹底的な「洗脳」を受けている。もう二度と欧米に歯向かうことができないように!

なにによってか?

「メディア」と「教育」によってだ。

 

彼らがほんとうに頭がいいのは、実際に洗脳されてる。とまったくわたしたちが気づかないように巧妙にその「洗脳」を行った点にある。

「そんなわけないじゃん!」って思ってることがもうすでに洗脳なんだけど、あまりに巧妙に深く仕掛けられているので、気づかない。

オウム真理教の信者たちを見てわたしたち、「なんでそんなの信じちゃったの?」って思うよね。たぶんそれと、同じことをされてるの。

 

 

「ワー・ギルド・インフォメーション」

これは陰謀論ではなく、実際に占領軍によって行われた歴史的事実。

【日本国民の3/4以上が被害】GHQのウォーギルトインフォメーションプログラムとは?

米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘 | Web「正論」|Seiron

 

 

欧米の支配する側の人たちは、日本を完全にロックオンしている。

農薬を世界で一番使っているのは日本。

猛毒が入っていることが確認されている「ワクチン」を健康のために打っているわたしたち。もうけているのは誰かわかりますか?

 

ラウンドアップ」という除草剤は、ベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じ成分を含んでいる。それを、個人がホームセンターなどで気軽に買うことができる国は「日本だけ」です。世界中で使用が禁止もしくは制限されています。

 

世界では農薬の危険に気づいて規制がどんどん厳しくなっているのに、日本だけはどんどん規制緩和をしている。調べればわかるはず。事実だから。

そして、世界的に遺伝子組み換え食品にNO!と突きつけている中で、日本だけは「TPP」を国として肯定して受け入れ、その内容は「自国の食料、医療を種を含めてすべて海外に明け渡す」というもの。もちろん遺伝子組み換え食品は氾濫する。

そのことを、国民は一切知らされない。

 

そして、「国産」とか「遺伝子組み換え」と表示することは、この先「貿易障壁」とみなされ、「自由貿易を阻害する」行為にあたるので、政府は賠償責任を負うことになる。

その裁判は、初めから公平には行われない。

アメリカに出向いて、アメリカの裁判官をつけて行わなければならない。

カナダなど、アメリカと自由貿易協定を結んだ他国で裁判を起こした国で、未だアメリカに勝った国はない。なぜなら、はじめからそういう仕組みにつくられているから。

 

毒性の強い農薬を使って、国民の健康に被害が出たから国としてその使用を禁止したとする。それすらも、TPPでは訴えられる。「自由貿易を阻害」しているから。

これは、独立国家ではない。

だって彼らは、わたしたちを、永久的に奴隷にしたいんだもの。

TPPって、そのための協定です。

だから、国民に知られないようにこっそり動いてるんだよ。

 

 

なにが怖いか。

一回発効したら、内容を決して変えられないし、抜けられないこと!!

TPPの契約書は、大企業のお抱えの弁護士たちが作ったとされています。

つまり、どこまでも「支配する側にとって都合のいいようにつくられている」ということ。しかも、その内容はほとんど明らかにされていません。

なぜなら「秘密会議」だから。

「知られないようにやっちゃう!」のが目的だから。

 

 

じゃあ、なぜメディアがそれを報じないか。

メディアはね。

「支配する側」の持ち物なんです。

だから、「かれら」にとって都合のいい情報しか流さない。

 

「テレビ」が言ってるから!「新聞にこう書いてあったから!」から、わたしたちはそろそろ卒業しなくちゃいけない。もっと頭の良い人はとっくに気づいているだろうけど、わたしはバカだから、こんなに気づくまで時間がかかってしまった。

「その情報を流しているのは誰なのか」

「それによって得をするのはだれなのか」

「お金の矢印はどこへむかっているのか」

 

この件についてはもう少し今度詳しく触れたいと思う。

 

そして、財閥とよばれる「三井」「住友」「三菱」は、ロックフェラーもしくはロスチャイルド家と密接に関わっています。

この御三家、遺伝子組み換えの「米」のところで出て来たよね?覚えているかな。

「みつひかり」という米は「三井化学」。

「つくばSD」という米は「住友化学」。

 

さらに、遺伝子組み換えの話をするときの主役(悪役)とも言える「モンサント」というアメリカのバイオ科学会社は、ロックフェラー財団の持ち物です。

今はドイツのバイエルという会社に買収されて、その名前は消えている。

 

モンサント (企業) - Wikipedia

 

(2ページ目)メキシコ先住民がモンサント社に勝訴、EUも遺伝子組換え作物排除へ! 3代目当主の死去でロックフェラー家の人類支配に終焉の兆しか!?

 

 

つまり、裏にいるのは「支配する側」の人たちだよ。

それをどうしても知ってほしくて、書いている。

 

今日はとりあえずここまでにします。

 

 

 

 

 

 

 

(その2) 種の動画紹介〜バクロス面白いよ〜!


バクロスTV#4 テレビでは話せない!ここだけの本当の話!!市民バクロスTV 第4回 今、種があぶない! - YouTube

 

3連休天気よくないみたいですね。

用事がなくて暇にしてる方!

ぜひ、バクロスTV見ましょう。

説教臭くないです。

面白いの、ほんと(^o^)

くわばたりえさん。

出演されている、というだけでその勇気を称えたい!!

 

わたしもまだ数本しか見れてないんだけど、やっぱり動画の力はすごいと思う。

あと、コメントがすごく勉強になる。

海外在住の方とか、世界を取り巻く状況をコメントしてたりする。

目が開かれる。

 

試しに種の会を貼り付けます。

興味あるけど時間ない人!

ぜひ、10:54からを見て!!

 

F1種と遺伝子組換えの違いをわかりやすく説明してくださってます。ゾッとする。

F1は、ハイブリッドの雑種だけどもそれでもまだ植物との掛け合わせ。

だけど、遺伝子組換えは違う。

例として野口さんが話されていたのは、ラウンドアップという悪名高い猛毒の除草剤の話。その廃液の中で生き残ってる細菌を見つけてきて、それを掛け合わせて作っている。とさらりとおっしゃっている。

 

これが、売られてるって現実。

米、小麦ですら、遺伝子組換えへと着々と進んでいる脅威。

その表記がTPPでできなくなる現実。

子供に、これ知らずに食べさせちゃうの?

受け止めなきゃいけない。

わたしたちの一人一人が。

 

それと最後に野口さんが言っていたことが胸に染みた。

どれだけ種をとりまく世界が汚染されても、きちんとした在来種の種がどこかに残っていれば、それがまた1万、1億と増えて、新しい次の文明を築けるんじゃないか。

その微かな希望だけでやっている。

そう、おっしゃった。

なにも知らずに来たわたしたちの裏で、こんなふうに種を守ってくださってきた人々。

有り難いな。と自然と頭が垂れます。

 

なかなか大きな流れとして裏っぽい話を書けなくて悶々としていますが、ちょっくら今日も出かけてきます。

あ、スポンサー費振り込んできたよ!

わたしも続く〜!って思ってくれた方。

「市民メディアの会」で検索してみてください。スポンサー費払うと、クラウドファンディング的におまけ?がもらえる楽しい試みをされてます。

わたしはもちろん、裏っぽいDVD!!(笑)

 

 

(その1)この世界の仕組み、を知る資料

予告しておきながら、なかなか更新できずすみません。

毎日頭痛がひどくて、体調がいまいち優れません。首と頭が重くてぐらぐら。

なのになぜか今週毎日予定が埋まっているー(-.-;)

 

勉強会シリーズ、もし読んでもいいぜ?って思ってくれてる方いらしたら、ぜひまずこのサイトの記事を読んでほしいです。

めちゃくちゃわかりやすく、よくまとまってると思います。少し長いけど。

これ読めばわたしなんにも言わなくて勉強会その1で終わるかも(笑)

嘘だけど。山田先生のたねの本読み終わったし。回復したら感想含め、書きます。

 

http://thinker-japan.com/thinkwar.html
日本人が知らないニッポン

 

あと、YouTubeの動画も事前資料?として紹介させてください。

内容が内容なので、正直いつ消されてもおかしくないんじゃないかと思う。

でも平山さんは、日本の未来のオセロを黒一色から白へと本気でひっくり返しに来た人だと個人的には思います。明日、市民メディアの会にスポンサー費振り込む予定。

少しだけど。こんなことしかできないけど、やれること探してやっていきたい。

 


平山秀善氏「バクロスTV」 禁断の戦後史をバクロス!「政(まつりごと)」を取り戻そう!緊急!国憂う講演会 ワールドフォーラム2018年7月 - YouTube

 

 

 

(前置き) 紫陽花の如く美しく咲け

さて、何から書けばいいのか。

 

わたしがこれから何を書こうとしてるかと言うと。

「この世界の裏の仕組み……」っぽい話。

 

何度も言ってるけど、わたしはスペシャリストじゃないので、にわか野郎なんですよ。

一つ一つの出来事について、いちいち深く詳しく知りません。

じゃあ、言うなよ!とも自分で思うんですが、全体の流れとして個人的に見えてきたことがあります。

キーワードと思うところをザックリ抜き出して提示するので、気になる方や興味のある方はそこからご自分で調べてみてはいかがでしょう?

 

食の話でも、その他のいろいろな問題の話でも、この「全体としての流れ」がわかっていて考えるのと、わからないで考えるのとでは全然見え方が違ってくると思う。

だから、書くことにしました。

 

あと、万人に向けて書いてないから読みたくない人は読まないで。と言いたいです。

意地悪で言ってるんじゃなくて、知らないほうが幸せに暮らせるならその選択は個人の自由だと思うし、その自由は尊重されて然るべきだと思います。

 

知ったら、今現在まったく同じ世界に生きてるのに、その世界の見え方がまるで違ってくる可能性がある。

神経質な人は、読まないほうがいいかも。

余計なこと知らせやがって!って読んだあとに思われても、わたし責任とれません。

なので、こうしてクドクド自己保身も兼ねて前置き書いてます(笑)

 

それと一番大事なことは、

「全ての情報は疑ってかかれ!」ということ。鵜呑みにしない!!

これは、この前のサラさんの勉強会でも最初におっしゃっていたし、これから参考にさせてもらうサイトや本の中でも著者のみなさん言っています。

 

絶対正しい!

これが真実!

 

って、言うつもりはサラサラない。

ただ、今まで当たり前だと思っていた情報のほかに、こんな情報ありますよ?

って、提示したいだけなの。

それを知った上で選ぶ未来。

知らないまま選ぶ未来は違うと思うから。

 

わたしの信条は、矢追日聖さんの教えの中にあります。勝手にネットサーフィンして、自分で見つけたこの方の言葉が、わたしの34年の人生で一番信じたい。真実!だと思えるものでした。

 

日聖さんが語られる言葉の中で一番好きなのが、

❝ 地下水の如く 清く流れ 

  紫陽花の如く 美しく咲け ❞

 

というもの。

みんなが仲良く、助け合って幸せに暮らせる社会のあり方を日聖さんはみんなに説いて、さらに社会福祉施設を自らの手で作られた。

行動で示されたそのお姿を尊敬します。

 

わたしたちの望む未来。

生きやすい、希望の持てる社会って、どんな感じだろう?

みんなが仲良く、助け合って暮らせたら素敵だな。今現在迫り来ているピンチは、大転換のある意味大きなチャンスになり得る!!

 

そんな願いを込めて、次から本題に入ります。

もし、お付き合いくださる方がいたら、拙い記事になると思うけど、どうぞよろしく(^_^)

 


f:id:natsuberry:20180910142816j:image

扉は開く!

f:id:natsuberry:20180909141032j:image

 

昨日は表参道へ、食を守る勉強会のイベントへ出かけた。

面白かった。

目が覚める面白さ。

わたし、なんだかんだで勉強がすきなんだな。と思ったよ(笑)

 

思っていたよりかなり大人数の方が来られていて驚いた。たぶん、100人を超えていたと思う。農薬や、化学物質や種のことについて、第一線で活躍されている研究者の方のお話をみっちり聞けてとても勉強になった。

 

感動したのは皆さんの熱意。

正直、営利目的では決してできないレベルの情熱と誠意に打たれた。

だって、お弁当ついて、11時から15時45分まででたった3000円だよ?

全然もうけなんかにならないよ。

みんなのためを思って、お休みを削って、こうしてお話してくださる姿勢にただただ頭が下がった。有り難くて。

 

限られた時間で少しでも有用な情報を少しでも多く伝えたい!!というお気持ちがバシバシ伝わる素晴らしい講演でした。

 

わたしも、自分にできる範囲で知ったことをブログに書いていこうと思っている。

 

でもそれはあくまで、今まで知る機会がなかったけど、興味はある。知って、なにか未来につながる行動をしてみたい。と思う人に向けて書くつもり。

 

知りたくない人は、知らないでいる自由もあると思うから。

 

自分なりに気をつけたいのは、

押し付けないこと。

非難や批判、否定をしないこと。

必ず最後に愛は勝つ!!(笑)と信じて書くこと。

 

真実は誰にもわかりません。

わたしだってただの「にわか」に過ぎない。

わたしが正しい!!って言うつもりも毛頭ない。

書くのもおこがましほど浅学だから、ほんとは書きたくない。でも、誰かが知るきっかけの一つにはなれるかもしれない。

 

現実として起きてること、事実としてすでにあることをきちんと主軸に置く。

知識だけではなにも解決しないけど、

「知っている」ということは、非常時には命を分ける大きな武器になると思います。

 

ただただ、真面目で熱血に語っても、暑苦しくてウザいだけだって、自分でもよくわかってるんです。だけど、なんか熱くなっちゃうんだよね(笑)

もっとクールでポップでキャッチーな作戦を考えてるけど浮かばね〜(^o^;

 

 

わたしは、日本が好き。

日本人である誇りをもっている。

誰になんと言われても。

 

ここ数年、一人でコツコツ勉強してきたことが、ここ一ヶ月くらいで急にひとつにつながった感覚がある。

 

正直、政治的なことだったり陰謀論っぽいことを書くのはかなりしんどいです(-.-;)

削られます。時間も精神も。

なのに胸の奥でドンドンドンドン誰かがうるさく扉を叩いてきて落ち着かないので書きます。

 

元々、ヒプノでも何回もくり返し、知ったことをシェアしろと言われているし。

 

わたしは、途方もつかないような巨大な悪、みたいなものが相手だとしても。

そいつらが本気で潰しにかかってきているとしても、戦わずに息をひそめて黙って耐えるのは嫌なんです。

 

どうせ死ぬなら戦って死にたいの。

もしダメでも、「でもわたし、やることやったしちゃんと戦った!」と思って死にたい。

それは完全に個人的な主義主張で、ある意味そういうフェチ?だから(笑)誰かに強要はしたくない。

 

香取神宮の御祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)。剣の威力を象徴したと言われる神さまです。わたしも、剣のように凛とした強さがほしい。神道と武道は元々一つのもの。

古代の人々は、平時から非常時に備えて武道の稽古を欠かさなかったといいます。

自分の国を自分で守る、という根っこの気持ちに嘘がつけない。

だから、書くぞ!!!

ちょっとずつね。


f:id:natsuberry:20180909175612j:image

香取神宮


香取神宮に行ってきた。

「呼ばれた」わけじゃないけど(笑)、

なんか気になったのでバスでちゃちゃっと行ってお参り。

 

気もちのいい場所で、また近いうちに必ず行きたいと思いました。

 

地震の要石がある。

凸は香取に。

凹は鹿島に。

 

朱色の立派な楼門。

黒と金のめちゃくちゃカッコよくてスタイリッシュ、威風堂々な本殿。

海は見えなかったけど、海からの風がずっと吹いていたような感じがした。

不思議な風の吹く神社。

海から来た一族の神社には独特の雰囲気があるな。と個人的に思った。

共通して流れる空気感がある。

とても、好きな神社だった。

でも、奥宮に行き忘れたみたい(笑)

また行きます!


f:id:natsuberry:20180908100446j:image

曇り空。


f:id:natsuberry:20180908100516j:image

でも晴れてきた。


f:id:natsuberry:20180908100544j:image


f:id:natsuberry:20180908100608j:image


f:id:natsuberry:20180908100747j:image

大きな木のうろ。



f:id:natsuberry:20180908100941j:image

風の通り道。


f:id:natsuberry:20180908101029j:image


f:id:natsuberry:20180908101211j:image

 

雨上がり


f:id:natsuberry:20180905071919j:image

昔の写真を見てしみじみした。

11年前の誕生日に、家族全員で撮った写真。

父がいた最後のわたしの誕生日。

泣けた。

何年経っても泣ける。

わたし、あの写真の日から11年も頑張って生きたのか!えらい。えらすぎる(笑)

 

心がしんどくなったとき、いつも思い出す。

意識がなくなった後も、手をつないでいるわたしが泣きじゃくる度に父がギュッと手を握り返してくれたこと。

ありえないほどチューブにつながれていたのに。何度も握って励ましてくれたこと。

忘れない。

 

わたしもちゃんと生きなくちゃと思う。

誠実に。

またいつか会えたとき、恥ずかしくないように。

 


f:id:natsuberry:20180905070325j:image