読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

何者かにならなくていい

ヒプノセラピーを何回も何回も受けていると、人間ではない何者かが出てくることがある。今日友達にしてもらったヒプノでも、また人間ではない方が出てこられた。

足がないし、家族もいない。人間の意識がまったくない。

死ぬとか生きるとか、思ってもいない。寂しくもない。

ただ、そこに「ある」。そこに「いる」ことが貴い。

 

天使とか、龍とかがふつうに出てくるのを自分以外の人がかけられているときも含め何回か見た。

正直そうなってくると、もはや自分の妄想なのかなんなのかよくわからなくなる。わたしの場合は6、7割くらいは「ほんとかよ~?!」とヒプノを受けながらも疑わしく思っている。催眠の中にあっても必ず自分自身の意識はあるので、自分じゃないその人がしゃべっていることに、あれやこれや突っ込みを入れながら、二重の意識を同時にもってる不思議な感覚。

 

ぶっちゃけわたしは映像はぼんやりとしか見えないし、言葉もはっきりとは聞こえないから、あくまで「よくわかんないけど、たぶんこう思ってます。」みたいな確信の持てないまましゃべっていることが多い。何回ヒプノを受けても、常に自信はない。

 

今日、その人間ではない方から言われた言葉が、「何者かにならなくていい」だった。

 

普通でいなさい。

有名にならなくていい。

お金持ちにならなくてもいい。

霊視ができなくても関係ない。

 

何者かにならなくていい。

 

ただ、自分を律して浄化し、意識を深いところに向けること。

自分を浄化することに努め、相手と接すること。

 

一人で引きこもって黙々と勉強してばかりいないで、もっと人とつながる努力をしなさい。とも言われた(*_*)

 

なんだかなぁ、ですね。

だってわたしは3次元に生きている肉体をもった人間だし、現世利益を求める気持ちももちろんあるわけですよ。なのに、そういう悩みに関しては一刀両断なんだもん。

「まだそんなレベルの低いこと言ってるんか。却下却下!いつまでもそんなこと言ってないでさっさとやることやってくれ!!」みたいな。

基本、具体的なアドバイスは一切くれない。

「わかってるでしょ?さあ、やったやった、持ち場へ帰れや」

っていう投げやり?(笑)感満載。

 

もちろんこんなきったない言葉では言わないけど、基本的に人間以外のものの場合は言葉では伝わってこないし、むこうはしゃべらない。

ただ、意識がつながってくるイメージ??

文字通り、「空気読む」って感じ?

何一つはっきりとは言わないんだよね。

まあ、わたしのレベルが低いからわからないんだろうけど。

 

とにかくいろいろ面白かったです。

わからないなりにいくつかメッセージももらえた感じはするので、ちゃんと胸に刻みます。Yさん、どうもありがとうございました。

楽しかった!!