読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

みち~雪絵ちゃんの言葉

f:id:natsuberry:20161201231844j:plain

 

山元加津子さんという、先生をされている方が書かれた本の中に出てきた、雪絵ちゃんという重い病気の女の子が書く詩が、胸の奥にまっすぐ刺さる素敵な言葉で、たまに思い出してはじんわりくる。たぶんこの本だったと思うんだけど。雪絵ちゃんは、この本が書かれた時点で天国に帰られています。

 

本当のことだから―“いつかのいい日のため”の宇宙の秘密

本当のことだから―“いつかのいい日のため”の宇宙の秘密

 

 

  みち

 

今日まで歩いてきたみち、

さっき歩いてたみち、

明日歩くみち、

今歩いてるみち、

これから歩くみち。

全部私が選んで決めて歩くみち。

間違いなく自分で選んで歩いてるみち。

だからこのみちでいいの。

このみちを歩きたいの。

私の選んでるみちは いい方に向かってる。

だから全て大丈夫。

このままいけば大丈夫。

全て大丈夫。          

 

純粋で、あたたかくて、まっすぐで、強い。

神様は、こんなにかわいい天使を地上に遣わしては、大人になる前にすぐ天国に連れ戻してしまうんだな。幸せとか、不幸せとか、人間のものさしではきっと、計れない神様だけが知る宇宙の仕組み。

 

私は私で大正解。

私は私で大成功。

私は、本当の「私」になれ

私なら、きっとできる!

 

この言葉を、病気になっても、日常生活さえままならなくても、言える強さ。

それでも生きてることを喜べる強さを、見習わなきゃ、と思う。