読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

好きな写真集

 

プリンス・エドワード島 吉村和敏写真集

プリンス・エドワード島 吉村和敏写真集

 

 

 吉村さんの写真、とても好き。

この写真集は持ってないけど、あこがれのすべてがこの人のとる写真の風景に結集されているかんじ。

死ぬまでに必ず行きたい場所。

プリンスエドワード島

 

塔のある丘―前田真三写真集

塔のある丘―前田真三写真集

 

 前田真三さんは、北海道の「美瑛の丘」の写真をライフワークとして撮っておられた写真家さん。この人の写真を知ったのは、倉橋燿子という作家さんの「風を道しるべに」というティーンズ小説の表紙に使われていたことがきっかけだった。

 

日本とは思えない、広大で、変化に富んだ、叙情的な丘の景色がなんだか胸にぐっとくる。この前久しぶりに古本屋で前田真三さんの写真集を見つけて、思わず買ってしまった。

 

美瑛は2回ほど行ったけど、何度でも行きたい場所の一つ。

 

空へ

空へ

 

 HABUさん。

高校生のころ爆発的に流行っていた気がする。

空の写真はどれも好きだけど、この人の撮る空の写真ってなんだか私の中では、

「自分探し」ってテーマを勝手に感じる。

小説でも映画でも、風景は、自分の気持ちの「投影」だよね。

自分探し真っただ中の青臭い青春小僧にぴったりな写真集なのではないか。

 

森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて

森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて

 

 星野道夫さん。

尊敬する人の一人。男に生まれ変わるなら星野道夫さんになりたい。

 

わたしは彼の写真よりもむしろ文章のほうのファンなのだが、この本の表紙に使われている、薄青い空を背景としたクジラの骨の写真がすごく好き。

きっぱりとした孤独と気高さを感じる。美しいな。媚びない美しさ。

この本は、彼の遺作だったように思う。

クマに襲われて星野さんが亡くなってから、もう20年も経つのですね。

彼の崇高な魂は、残された本や写真によって、今もわたしたちを導き、励ましてくれているように思う。