読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

アーモンド入りチョコレートのワルツ・1

はじめまして。

なついちごです。

本好きな、メンタル弱めの三十路女です。

これまでに読んだ自己啓発本はざっと200冊は超えてると思います。

それだけ読んで一番言いたいこと。

「ありのままを受け入れられないから苦労しとるんじゃ~!!」

 

 

このブログでは、私の好きな本、心が弱ってる時にお薦めの本などを、

勝手気ままに紹介していきたいと思います。

昔から「読書感想文」を書くのは好きだったので、ここで紹介する本がどこかで

誰かの役に立てたらうれしいです。

 

 

では、記念すべき1冊目のおすすめ本、行ってみよー!

 

「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都

 

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)

 

 

森絵都さんは、3本の指に入るくらい大好きな作家さん。

日本の児童文学界において「ヤングアダルト」という中高生向けの本のジャンルを切り開き、常に牽引してきた偉大なお方。

有名なところでは「DIVE」などの作者。*「DIVE」は危険な本です。読みだしたら絶対に止められない。どんなに眠くても!次の日仕事でも!語ると止まらなくなるのでまたにします。

問答無用におすすめの、暑い夏にぴったりの青春飛び込み(自殺じゃなくて競技のほうね)小説。

 

初っ端から話が脱線してしまいました(^▽^;)

今日おすすめしたいのは「DIVE」ではなく、それに比べると森絵都作品の中では少しマイナーな「アーモンド入りチョコレートのワルツ」。

 

世の中の学生たちは先週から夏休みに突入したようだが、この本は夏休み気分を満喫するのにぴったりの1冊だ。(もちろんとっくに学生じゃない人にこそ)

 

何がイイって、とにかくタイトルがいい!!

こんなに、キラキラしてかわいいタイトルってあります??

もうタイトルだけで心は半分鷲掴み。

だけど内容は、甘いだけじゃなくて、もちろん酸っぱくてほろ苦くて少し切なかったりするのです。あー、たまんない(笑)

 

この本は3本の中編で構成されていて、それぞれ主題となる一つの曲をモチーフとしてお話が進んでいく。もちろん語り手はすべてティーンエージャー。子供たちだ。

大人なんてほとんど登場しない。

だから説教臭くもない。

そこが最高にすがすがしくて爽快なのだ。

 

       アーモンド入りチョコレートのワルツ・2へ続く・・・