深呼吸図書館

悩めるあなたのための1冊アドバイザー“なついちご”が、今のあなたの気分にぴったりの本紹介します。

仕事について

自分が無理なく楽しくやれて、人に喜んでもらえる仕事がしたい。 そんなの無理!とか。 都合良すぎ!とか。 世の中そんなに甘くない!とか、 そういう外からの声を全部取っ払って、わたしが本音でしたいこと。 生きたい人生って、たぶんこれなんだ。 自分が…

金色の道

仕事の帰り。 乗り換えの駅の、信号の向こうの道が、夕陽に染まって金色に光ってた。 用もないのに少しだけ寄り道。 中学生たちの影が長く伸びる。 日が短くなったねー。 特に書くこともないけど、ただそれだけでした(^o^; 世の中風邪っぴきが増えてますね。…

手放して委ねる

頭に浮かぶのでメモ。 心にある不安を、 恐れを、 しがみつきたくなる結果を、 手放す。 手放して委ねる練習をしよう。 ちっぽけな自我にがんじがらめになって、いろんなことが思い通りにいかないことにイラ立って自爆しがちなわたしのパターン。 最後は必ず…

香取神宮 奥宮

この前行った香取神宮で、奥宮に行き忘れたので、今週また行ってきた。 紅葉どうかなー、と思ったけど、ほぼしてなくて拍子抜け(;O;) その代わり、菊祭りをやっていた。 香取神宮好きすぎてヤバイ。 今一番の癒しスポットかも。 キレイな風、光、緑。巨木た…

流れ星

白神山地を旅していた時期、ちょうどオリオン座流星群の極大日と言われる日だった。 一番たくさん流れ星が見える日。 なので、夜中に着れるだけの衣服を着込んで雪だるまみたくなって、泊まっていたコテージのそばにある広い芝生に寝転がって星を眺めた。 2…

プロ意識!

ある人に、とても大きなアドバイスをもらった。今、何より求めてた問いの答え。 ボディワークの難しさを日々痛感している今日この頃で。 自分で言うのもなんだけど、たぶん技術は上がってきてる。心の持ちようが難しいのよ。 のめり込み過ぎちゃって、感情移…

夜明けのアメジスト

最近、人の良いところと悪いところが明確に見えるようなシーンが続けてあって、なんかへこむ。 何人かの全くべつの関係性の人たちの中で、共通するパターンを見つけて、わたしはこれが苦手なんだな。と気付きがあった。 うっすら傷ついたりいろいろ考えたり…

朝の光

朝の光があまりにキレイだったので、パシャリ。 降り注ぐ光のシャワー。 瞑想は苦手なので、最近は朝時間のあるときに太陽を見ながら呼吸法をするようにしている。 望むと望まないに関わらず、いろいろなことが大きく変化していく流れ。 自然の流れに身を任…

紅玉りんごとクランベリーのジャム

紅玉を見つけて、2袋も衝動買いしたのが先週。 リンゴジャムやらアップルパイやら食べたいなと思って買ったけど、毎日仕事やら休みも用事があって、3、4日放置してた。でもさすがにやべー気がしてとりかかる。 仕事帰って、疲れた手でりんごを15個むきました…

ヒルデガルトの自然学講座🍀最終回

長谷川先生のヒルデガルト講座が今日で最終回だった。 とても楽しい、ためになるお話を季節ごと4回に分けて聞かせていただいた。 今日はスパイスを作った。 自分で自分をケアするのが何よりだいじ! とおっしゃっていたのが、まさにわたしが最近考えていたこ…

意味のあるさよなら

悲しいことがあった。 激しくはないけど、ゆるやかに、じーんと細かく振動してくるような悲しさ。 わたしの中で、とても大切で、大きな存在だった人との関係に、心の中で一区切りをつけた。現実に縁を切ったわけでもなんでもないけど、なんだか感慨深い一区…

清らかな山の小川

今日の牡牛座満月と重なってある、天王星のサビアンシンボルは、「清らかな山の小川」だそう。 素敵。 実はコッソリ今週青森の白神山地に行ってきました。また改めて写真のせたいと思います。 大きな自然の中で、いろいろな気づきがありました。 人を生かす…

旅立つ君に

今日は、たまにしか会わないけど、勝手に仲間であり同志だと思っていた友人の送別会だった。 普段だったらまず知り合わないような職業、シチュエーションで出会って、短い期間ではあるけど濃密な時間を共に過ごした仲間の一人。 寂しいけど、本人にとってと…

岡田慎一郎「あたりまえのカラダ」

あたりまえのカラダ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ) 作者: 岡田慎一郎 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2013/04/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る この本、まじでスバラシイ!! 日本人必読書。 図…

聴いてくれたから

挙動不審ですみません。 なんか精神的にスコンと落ちちゃって。 なにもかもが無意味なような、すべてに価値がないような、やる気ゼロな精神状態でふつーに生活してました。 たまにこうなる。 前触れはないけど、よくよくあとから考えると、女子の日が始まる…

安曇野愛

わけもなく好きでたまらない場所ってある。 同じ旅でも、鷲掴みされて離れられない場所と、一回でいいかなー。って終わる場所。 安曇野と穂高は、好きで好きでたまらない場所だ。秋になると行きたくなる。 ただ自分が見たいから写真貼り付け。 大王わさび農…

晴れた休みの日は最近ほぼ家にいて家事やりまくっているので、気づいたらめちゃくちゃ運動不足。 台風夜中すごくてびっくりしました。 だけど、朝のきれいなこと! 清められた大気。 光る世界。 自然はすごいな。 どんより淀んで曇っていた9月の最後の最後に…

グリーンファントムの島

ジオラマって、意外と好きだ。 独特の世界観がある。 グリーンファントムクラスターの上に、思いがけずプレゼントでもらったビスマス鉱石と中にラリマーが入ったかわいい亀さんのせてみた。 うっすらしたグリーンの聖なる島の神殿と、そこを守る亀。という設…

マリア様

なんかわかんないけど。 今日はマリアさまな気分。 五島列島に行って、20近い教会を回ったときの写真。 こぢんまりとして、清潔で美しくて、信仰が現在進行形で息づいていた。 わたしは、キリスト教の教えにはどうもなじめない。磔にされたイエス・キリスト…

矢追日聖「やわらぎの黙示・2」

矢追日聖さんの「やわらぎの黙示」より、文章をお借りします。 やわらぎの黙示 (ことむけやはす 1) 作者: 矢追日聖 出版社/メーカー: 新泉社 発売日: 1992/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る p177~ 世界平和への道 無計画の中に計画があ…

矢追日聖「やわらぎの黙示・1」

やわらぎの黙示 (ことむけやはす 1) 作者: 矢追日聖 出版社/メーカー: 新泉社 発売日: 1992/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る いままでわたし、20年くらいにわたって様々な自己啓発本、スピリチュアル本、霊的な本やブログを含めて数知れず読…

矢追日聖「ながそねの息吹」

中秋の名月。 残念ながら東京は曇ってて月が見えないですね。 今日9月24日は旧暦の8月15日。 8月15日は矢追日聖さんが霊界からの啓示を受けて立教宣言した日です。 ご著書の中でその様子を書いておられるので、紹介します。 (読みやすいように改行したり段…

表参道のカフェにて

今週はあまりに体調が悪かったので、きれいな写真を見て自分を励まそうと思います。この前の香取神宮、要石の近くでとれた写真。美し〜! 最近、自分の能力の限界にヘコんでいる。 全てはできなくても、 何かはできるはず。 そう思ってもがいてるけど、オー…

(その3)全体の流れとして見ると・・・

www.youtube.com この動画を今日見て、悲しくなった。 でも、どんなにしんどくても、見たくないものでも、真実と向き合うことが未来をよくすると信じている。 ちょっとまとまった時間が全然とれそうもないので、きちんとまとめながら書こうと思ったけど、ま…

(その2) 種の動画紹介〜バクロス面白いよ〜!

バクロスTV#4 テレビでは話せない!ここだけの本当の話!!市民バクロスTV 第4回 今、種があぶない! - YouTube 3連休天気よくないみたいですね。 用事がなくて暇にしてる方! ぜひ、バクロスTV見ましょう。 説教臭くないです。 面白いの、ほんと(^o^) く…

(その1)この世界の仕組み、を知る資料

予告しておきながら、なかなか更新できずすみません。 毎日頭痛がひどくて、体調がいまいち優れません。首と頭が重くてぐらぐら。 なのになぜか今週毎日予定が埋まっているー(-.-;) 勉強会シリーズ、もし読んでもいいぜ?って思ってくれてる方いらしたら、ぜ…

(前置き) 紫陽花の如く美しく咲け

さて、何から書けばいいのか。 わたしがこれから何を書こうとしてるかと言うと。 「この世界の裏の仕組み……」っぽい話。 何度も言ってるけど、わたしはスペシャリストじゃないので、にわか野郎なんですよ。 一つ一つの出来事について、いちいち深く詳しく知…

扉は開く!

昨日は表参道へ、食を守る勉強会のイベントへ出かけた。 面白かった。 目が覚める面白さ。 わたし、なんだかんだで勉強がすきなんだな。と思ったよ(笑) 思っていたよりかなり大人数の方が来られていて驚いた。たぶん、100人を超えていたと思う。農薬や、化…

香取神宮

香取神宮に行ってきた。 「呼ばれた」わけじゃないけど(笑)、 なんか気になったのでバスでちゃちゃっと行ってお参り。 気もちのいい場所で、また近いうちに必ず行きたいと思いました。 地震の要石がある。 凸は香取に。 凹は鹿島に。 朱色の立派な楼門。 …

雨上がり

昔の写真を見てしみじみした。 11年前の誕生日に、家族全員で撮った写真。 父がいた最後のわたしの誕生日。 泣けた。 何年経っても泣ける。 わたし、あの写真の日から11年も頑張って生きたのか!えらい。えらすぎる(笑) 心がしんどくなったとき、いつも思…